実は非モテタイプ!男性が彼女にしたくないと思う女性の特徴


彼女にしたくない女の特徴-eyecatch

婚活や出会いの場であなたが気合を入れて自己アピールをしたり、場を盛り上げているつもりでも、相手にとってはそれが逆効果になっている可能性もあります。

女性にとってはプラスのことでも男性にとっては、マイナスでしかない要素もあるからです。

あらかじめ、男性にとってのマイナス要素を知っておけば、それを避けることが出来ますよね。それでは早速、男性が彼女にしたくない思う女性の4つの特徴について見ていきましょう。

1. 恋愛経験が豊富

彼女にしたくない女の特徴-1

俺じゃ無理そうって引いちゃう

可愛くて魅力的な女性で、かつ隙があれば口説きたくなるのが男の性です。でもそれは本気で彼女にしたいというよりも、あくまで短期間でいいから遊びたいだけです。

恋愛経験が豊富だと、男心も見透かされそうだし、男性の恋愛経験が乏しい場合には「俺なんかじゃ無理だな」とすぐに諦めモードに入ります。付き合った数よりも体の関係も持った男性の数が多いという話を聞くと、尊敬ではなく嫌悪感を覚えてしまいます。「見てる世界が違う」と一線を引かれてしまうのです。

男の影がたくさんある女性は苦手

過去の男の影が会話からも見え隠れすると、男性は萎縮してしまいます。男性は、恋愛経験があまり無くて、自分が簡単にリードできる女性と付き合いたいと願うものです。

恋愛経験が多いと、真剣な気持ちで交際していたのではなく、「軽い気持ちで付き合っていたんじゃないか」と勘ぐってしまいます。遊ばれるのも嫌だし、過去の男たちを想像するのすら嫌になって、結果的に本命彼女にはしたくないと思われてしまいます。

2. 派手なファッション

彼女にしたくない女の特徴-2

派手と華やかは紙一重

多くの男性は、安らぎと幸せそうな笑顔、柔らかそうな雰囲気の女性が大好きです。服装は女子アナが好んで着るようなパステルカラーや膝丈のフェミニンなファッションが大好き。

それとは反対の派手なファッションは、男好みではないことが明らかです。華やさと派手は紙一重で、そこに品の良さがあるかないかで大きく見え方も異なります。つまり派手に見えるということは、下品な印象があるということ。真剣に付き合う彼女には、慎ましやかで上品な人が選ばれています。

オシャレすぎるとわからない

もうひとつの理由が、オシャレすぎると彼自身が理解できないということ。奇抜なデザインやカラーは理解し難いのです。同性受けするレディースファッションは、女子会の時にだけ披露するといいのかもしれません。

3. 女子力高すぎ

彼女にしたくない女の特徴-3

プロレベルより普通がいいんです

美容や趣味、仕事にまで女子力の高さが光ってくると、アマチュアのレベルを越えて、プロっぽくなってきます。多くの男性は“ほどよい”ものが好きです。

彼女ががんばって作ったこだわりの一品よりも、子供の頃から食べるまあまあ美味しいカレーライスが好きなのです。すごいとは思っても、そこに目が行くと恋愛対象にはなりにくくなります。将来の二人の姿を想像できない相手とは、愛を育もうとも思いません。

キラキラしすぎて…いくらかかってるの?

美容にお金をかけた美しい女子力高めな方を見ると、その美しさ以上に「それにいくらかけたの?」ということが気になります。趣味程度に楽しむならまだしも、収入のほとんどをつぎ込むような浪費家は、金銭的な計画性がない人に映ります。彼女にするなら、金銭感覚のしっかりしている人のほうが家庭を守れそうなイメージが強いため、自然に恋愛対象からは外れにくくなります。

4. 愚痴が多い

彼女にしたくない女の特徴-4

もう聞きたくないです

仕事やプライベートで何かと問題が起こったり、心の葛藤や悩みを気心知れた男性に話したくなる気持ちはわかります。すっきりしますよね。でも打ち明けられた相手は、うんざりしています。あなたがすっきりした代わりに聞きたくもない愚痴を聞かされて、せっかくの貴重な時間に心が重くなります。彼はあなたの愚痴のはけ口ではないのです。彼が彼女に求めたいのは、自分の話を聞いてくれるような優しい人です。

俺の話を聞いて、癒やしてほしいんだけど?

男性は自分の話を楽しそうに聞いてくれる人が好きです。それだけ話を聞かされることは多くても、聞いてくれる人は少ないということ。肯定的にポジティブな言葉でニコニコしながら聞き入れてくれると、認めてくれたと自然に感じるようになります。

まとめ

彼女に求めるのは、物腰柔らかそうな見た目で、自分のことを特別に優しく聞き入れてくれてるような存在です。個性や独創性は確かに大切ですが、恋愛においては控えた方がうまくいきやすいのが事実です。お互いの仲が深まっていくまでは、あなたがうまく相手に伝わるような演出をしていきましょう。

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori


コメントは受け付けていません。

root_cate: 72
category_id: 75, parent_id:73->02_renaigaku_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 74, parent_id:73->01_renaigaku_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

合わせて読みたい関連記事