あとは告白待ち!自分の好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉


好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉-eyecatch

脈ありのはず!または両思いのはずなのになかなか恋愛関係に発展しない。そんなもどかしい気持ちを感じた経験はありませんか?

このまま待っていても進展しないと分かっているけど、できるなら相手に「告白してほしい!」と思ってしまうのが乙女心ですよね。その一方で「彼に想いを伝えたい!」とウズウズしてしまうのもまた乙女心。ならば、大好きな彼に自分の好意をさりげなく伝えてみませんか?

今回はもどかしい気持ちを抱える皆様のために、自分の好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉をご紹介していきます!イマイチ動きのない彼に自分の好意を伝えて意識させちゃいましょう。

1. 「一緒にいると本当に安心する」

好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉-1

誰だって心許せる人でなければ安心しませんよね。相手に「あなたといると安心する」と一言いわれるだけで、周りの人よりも特別に思ってもらえていると分かります。そう言われると相手が恋愛対象ではない女性であっても突然、気になり出しちゃうものです。たとえ鈍感タイプの彼でも「あなたに特別な好意を抱いてますよ」という気持ちを分かりやすく伝えることができます。

2. 「あなたと過ごす時間が一番楽しい」

好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉-2

ここでいう「一番」には他の誰よりも「あなたが一番だよ!」という意味が含まれています。そのため、「◯◯くんと過ごす時間が一番楽しい」のフレーズは好意をストレートに伝えられる魔法の言葉!あなたの気持ちがまっすぐに彼の心に届きます。さりげなさは少し低いですが、他の意味に取られないので好意の伝わりやすさは抜群です!

3. 「もっと一緒にいたいのに・・・」

好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉-3

「もっと一緒にいたい」といえば、少なからず相手が自分に好意を持っていると認識できます。誰だった嫌な相手とは一緒にいたくないですもんね。デートの最後や電話の切り際など最後の瞬間に「もう、こんな時間?」「時間が過ぎるの早いね」と時間が過ぎるのがあっという間だということを話題にだします。続けて「もっと一緒にいたいのに・・・」と健気な呟きをしてみましょう!それだけで自然にあなたの好意が伝わります。

4. 「彼女だったらいいのにな」

好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉-4

「◯◯くんって本当に優しいよね。」と彼を褒め「◯◯くんの彼女だったらいいのにな」と冗談っぽく話します。その言葉を聞いた彼は「彼女になりたいと思ってくれているのかな」と好意を感じます。さらに、大好きな彼ができたけど彼女がいるか分からないという曖昧な場合も探りに使えちゃいます!ちょっと語尾を変えて「彼女さんが羨ましいな」と言って、彼のリアクションを探りましょう。彼女持ちの彼なら反応があるはずです。

5. 「初めてこんな風に思った」

好意をさりげなく彼に伝える5つの言葉-5

だいたいの人は「初めて」というワードに喜びを感じます。「こんなに楽しい気持ち初めてだよ」「今までこんな風に思ったことなかったよ」と彼だからこそ、こんな気持ちになったというポジティブな感情を言葉にしてみましょう。「今まで出会った人の中で初めて」となると、かなり好意を伝えられます。相手があなたに好意があったのなら、そのまま恋愛に発展しちゃう可能性もありますよ!

まとめ

今回紹介した言葉を使えば、きっとあなたの好意が彼に伝わるはず。一度、相手の好意を感じるとなんだか気になってしまうのが人間の性ともいえます。彼にとっては恋愛対象外だったあなたも、たちまち彼を意識させることができるかもしれませんよ。気になる彼がいる方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!新しい季節に思い切って好意を伝えて、素敵なスタートを迎えちゃいましょう!

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori


コメントは受け付けていません。

root_cate: 72
category_id: 75, parent_id:73->02_renaigaku_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 74, parent_id:73->01_renaigaku_toppage_latest_information
category_id: 38, parent_id:37->01_top_hot_topics

合わせて読みたい関連記事