デートで使える!東京で絶対に一度は行くべきスペインバル


スペインバル

街中で目にすることも多くなったスペインバル。カジュアルでおしゃれなお店は東京各地に多々あれど、デートであえて目指して行きたい絶対に一度は行くべきスペインバルをご紹介します。素材にこだわる、調理法にこだわる、ワインにこだわる名店8選です。どのお店も要予約!

1. エル・ブエイ (神楽坂・飯田橋)

1. エル・ブエイ

スペインバル激戦区として多くの有力なスペインバルがひしめく神楽坂エリアでも、一際光彩を放つのがこのエル・ブエイ。スペイン語で「雄牛」を意味する名を持ち、その名のとおり牛肉にこだわったお店。

スペイン本場のバルを思わせるインテリアの店内はカウンター席とハイスツールのテーブル席のこじんまりとした空間ながら、いつも人であふれています。スペインワインを知り尽くしたサービススタッフが丁寧にワインの説明もしてくれるので安心。客層も30代~が多いので、活気はありながらどこか大人な雰囲気だからデートにもぴったり。

食べるべきは上質な国産牛の炭火焼き。産地・熟成度合いにこだわりぬいた国産牛の赤身肉を、カウンター内の炭火で絶妙に焼き上げます。上質なスペインワインと上質なお肉、そして年に一度は欠かさないスペイン研修で鍛えたスタッフによる本場のスペイン料理が味わえる、毎日満席も納得のスペインバルです。

スポット名 エル・ブエイ (EL BUEY)
電話番号 03-3266-0229
住所 東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル 1F
アクセス 私鉄各線「飯田橋駅」 B3出口より徒歩2分
JR線「飯田橋駅」 西口より徒歩3分
営業時間 [月~金]18:00~翌2:00 [土・日・祝]18:00~24:00
定休日 無休
料金・予算 ¥6,000~¥8,000

 

2. エル・カミーノ (飯田橋・神楽坂)

2. エル・カミーノ

続きましても激戦区の神楽坂から、一風変わったスペインバルをご紹介します。神楽坂から一本路地を通り抜け、ビルの2階にひっそりと佇むエル・カミーノ。

スペイン北西部、大西洋に面したガリシア地方にこだわったワインと食事が楽しめるお店です。ガリシア地方の名物料理「エンパナーダ」(具材のパイ包み)や定番のしっとりオムレツをはじめ、ガリシア地方の郷土料理が地方のワインと楽しめる、一見なんともマニアックなお店ながら、落ち着いた照明の店内は実はデートにぴったり。重厚感あるカウンターは居心地良く並んで座れて、小皿で提供されるお料理は二人でシェアするのにちょうどよいボリュームです。

スペインバルのイメージが変わる隠れ家バルでぜひガリシア料理を楽しんでみてください。

スポット名 エル・カミーノ (El Camino)
電話番号 03-3266-0088
住所 東京都新宿区神楽坂3-1 京花ビル 2F
アクセス 私鉄各線「飯田橋駅」 B4出口より徒歩3分
営業時間 [月~土]17:00~24:00
定休日 日曜日、第三月曜日
料金・予算 ¥3,000~¥5,000

 

3. マリスケリア・ソル (六本木)

3. マリスケリア・ソル

六本木一丁目から徒歩4分。「魚介専門店」を意味するマリスケリアの名を持つ、魚介が美味しいスペインバルです。旬の魚介と厳選のスペインワインが楽しめるシックな内装でデートにも雰囲気良し。

スペインワインの中でも自然派に特に造詣が深いソムリエが常駐、旬真っ盛りの魚介とのマリアージュを楽しませてくれます。季節ごとに書き換えられる黒板にはシェフおすすめのタパスがぎゅっと詰まっていて選ぶのも楽くて盛り上がります。

食べるべきはシンプルな魚介のプランチャ(鉄板焼き)。市場直送の新鮮な魚介が盛り合わせで香ばしく焼かれていてまるでスペインの海辺に来たような香りに包まれワインも進み、陽気な気分になれること間違いなしです。

スポット名 マリスケリア・ソル (marisquería SoL)
電話番号 03-6277-7364
住所 東京都港区六本木2丁目3-6 セントラルクリブ六本木2 1F
アクセス 東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木駅」6番口より徒歩8分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」 1番・3番口より徒歩4分
東京メトロ「溜池山王駅」 9番口より徒歩8分
営業時間 [ランチ/月~金]11:30~14:00
[ディナー/月~土]18:00~24:00(金・祝前日は翌2:00まで営業)
定休日 日曜日・祝日
料金・予算 ¥4,000~¥6,000

 

4. フェルミンチョ・ボカ (六本木)

4. フェルミンチョ・ボカ

こちらは六本木一丁目の駅直結、アークヒルズサウスタワー1F にあるガラス張りのスタイリッシュなバル。スペインのソウルフードと呼ばれるボカディージョの専門店です。バゲットに様々な具を挟むスペインのサンドイッチ、ボカディージョ。地域によって具が変わりスペイン全土で愛される軽食です。

デートなのに、大きな口を開けてかぶりつくサンドイッチはちょっと・・という女性でも大丈夫。フェルミンチョ・ボカではすんなりした細身のパンを使っているから食べやすいのも特徴です。

ディナータイムは色鮮やかで盛り付けも美しいモダンタパスを提供しています。スペイン・カタルーニャ地方で修行したシェフが目の前で仕上げるお料理を楽しみながら、カウンター席で二人の距離を近づけてみては。

スポット名 フェルミンチョ・ボカ (FERMiNTXO BOCA)
電話番号 03-6426-5760
住所 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー 1F
アクセス 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」 3番出口より直結
営業時間 [ランチ]11:00~16:00 [ディナー]17:00~23:00(土曜日は22:00までの営業)
定休日 日曜・祝日
料金・予算 ¥5,000~¥7,000

 

5. Bar Maquó (神楽坂)

5. Bar Maquó

牛込神楽坂から徒歩3分。スペイン各地で料理を学んだシェフが提供する珠玉のスペイン料理が、味にうるさい神楽坂グルメの人々を夜な夜なうならせています。美味しいものが好きなカップルにおすすめのスペインバルです。

スペインバル激戦区と呼ばれる神楽坂エリアから、少し歩いた牛込神楽坂にぽつんと佇む、明るい木目のインテリアが居心地の良い小さなお店。地元の人々に愛されるだけでなく、わざわざお料理を目当てに遠方から来るというお客様もいるスペインバルです。

シェフの出身地である土佐清水から産地直送の新鮮な魚介を使用したお料理をはじめ、スペイン・バスク地方でシェフが惚れた郷土料理がふんだんに楽しめます。グラスでワインを頼んだら、どこか懐かしさを感じる店内でゆったり時間を過ごしてみてください。丁寧に時間をかけ作られるお米料理は必食です。

スポット名 Bar Maquó (バルマコ)
電話番号 03-3266-5741
住所 東京都 新宿区細工町3-16 北町ビル1F
アクセス 都営大江戸線「牛込神楽坂駅」 A1出口より徒歩2分
東京メトロ東西線「神楽坂駅」 2番出口より徒歩8分
営業時間 [火~日]18:00~24:00
定休日 月曜日、月1回日曜日
料金・予算 ¥5,000~¥6,000

 

6. リザラン (赤坂見附)

6. リザラン

世界20か国で250店舗以上を展開するスペイン発のピンチョスチェーンの日本一号店。赤坂見附駅から徒歩30秒の好立地で、スペインそのままの雰囲気が楽しめます。

平日は朝8時から通して夜23時まで営業しているので、使い勝手もよいのが特徴。お出かけ前に二人でピンチョスとカフェの朝食にしたり、ワインを片手にゆったりしたいブランチデートにもぴったりのリザラン。

入り口から数段の階段を上がりピンチョスカウンターに。ガラス張りのショーウィンドウの中に並べられた多種多様のピンチョスを、本場さながらお皿にとって進みます。

シェフが苦労したというのが食材の調達。スペイン本場の味をリーズナブルに、なんとか忠実に再現したいという思いが込められたピンチョスは、どれも本格の味わいです。店内は広々としていて席の間隔も広いのでリラックスして過ごせます。

スポット名 リザラン (LIZARRAN)
電話番号 03-5572-7303
住所 東京都港区赤坂3-2-6 赤坂光映ビル1F
アクセス 私鉄各線「赤坂見附駅」より徒歩30秒
営業時間 [月~金]8:00~23:00 [土・日・祝]11:00~23:00
定休日 無休
料金・予算 ¥2,000~¥4,000

 

7. バルデエスパーニャ ペロ (銀座)

7. バルデエスパーニャ ペロ

銀座エリアのスペインバルブーム火付け役と呼ばれてから10年以上。以来食材にこだわったスペイン料理で根強い人気のお店です。

スペインでトップと呼ばれる生ハムメーカー、ホセリート社の超高級ハモン・イベリコ・デ・ベジョータや、パエリアの生まれ故郷バレンシア地方のブランド米、アロス・ボンバを使用した数種のパエリアなどは、スペインバルとしてはちょっぴりお高めだけど、その美味しさには納得。

スペイン語が飛び交うカウンター席も良いけれど、カップルにおすすめなのは断然3階のテラス席です。解放感あるテラスで木目のテーブルとチェアに座ってカバを飲む気持ちよさ、ぜひカップルで満喫してくださいね。

スポット名 バル デ エスパーニャ ペロ (BAR de ESPANA Pero)
電話番号 03-5537-6091
住所 中央区銀座6-3-12
アクセス 山手線・京浜東北線・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」より徒歩5分
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」 C2出口より徒歩3分
営業時間 [ランチ]11:00~16:00 [ディナー]17:00~23:30(金・土・祝前日は24:00まで営業)
定休日 無休
料金・予算 ¥5,000~¥7,000

 

8. バニュルス 上野駅店

8. バニュルス 上野店

上野駅直結、情熱のスペインにこだわった内装で、スペインの定番タパスからパエリアまで楽しめる活気溢れる人気店です。運が良ければフラメンコダンサーに遭遇することも!

スペインの田舎にあるようなバルがモチーフのバニュルスは、スペイン本場仕込みのタパスと種類豊富なグラスワインが自慢。スパークリング、白、赤の他にシェリー酒も種類豊富なので、タパスに合わせていろいろなマリアージュが楽しめます。上野公園側に面したテラス席は大通りに面していて風通しもよく、ランチデートにもぴったり。

季節ごとにフラメンコライブを開催しているので要チェックです。心揺さぶる情熱の音楽で、二人の愛も燃え上がらせましょう。

スポット名 バニュルス 上野駅店
電話番号 03-5826-5753
住所 東京都台東区上野7-1-1 アトレ上野 1F
アクセス JR線・私鉄各線「上野駅」 不忍口よりすぐ
営業時間 11:00~24:00
定休日 無休(アトレ上野定休日に準ずる)
料金・予算 ¥3,000~¥4,000

 

まとめ

スペインバルブームから数年。定番のアヒージョやパエリアももちろん美味しいけど、それ以外にもお店の強いこだわりが感じられる8軒を集めてみました。

カジュアルに、おしゃれに飲めて料理も本格なスペインバルは、美味しいものが好きなカップルのデイリーなデートにはもちろん、あまり気取りすぎたくない初めてのデートにもぴったりです。ぜひお気に入りのお店と出会ってみてください。

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori



滝沢 ふみか の紹介

都内在住のフリーライター。日中は猫と気ままな生活♪週末は夫と飲みに出かけるのが日課です。

コメントは受け付けていません。