モテすぎて困っちゃう!男女ともにウケばっちりな愛され女子の特徴3選


愛され女子の特徴-eyecatch

男性ウケも狙いたいけれど、同性ウケも捨てがたい…。そんな風に悩んでいる方は、これからご紹介するたった3つのポイントを抑えて、男女ともに好かれる愛され女子になっちゃいましょう!

特に、なぜかいつも他人から誤解をされてしまうという方は自分の印象を良くするためにぜひとも活用してみてくださいね!

1. 自分から挨拶を積極的にする

愛され女子の特徴-1

男女ともにウケをよくしたのなら、実は基本の挨拶がとっても大切。職場などではいつも相手からの挨拶を待っているというシャイgirlも多いかと思います。しかし、いつも挨拶を待ってばかりいると相手から「○○ちゃんってなんだか読めない」と思われたり、可愛げがないと思われることも…。

さらに、先輩への挨拶は自分から行うのが基本なので、いつも挨拶を返してばかりいると「○○ちゃんって常識なさそう」と引かれてしまうこともあるんです。

そんな誤解を抱かせないためにも、自分から積極的な挨拶をするように心がけましょう。また、挨拶をすることに慣れてきたら「今日はなんだか元気そうですね!」などプラスの一言を添えて、相手に自分を印象付けるのもおすすめです。

2. いつも笑顔でニコニコしている

愛され女子の特徴-2

無表情な人は自然と「冷たそう」というイメージを持たれてしまいがち。誰だって親しくなるなら、冷たそうな人よりも明るくて元気な人の方がいいものですよね。

笑顔を心がけずにいつもボーっとした顔で相手と向き合っていると、「○○ちゃんって近寄りがたい」と感じられることが多いもの。さらに、グループでの集まりなどにも「○○ちゃんは興味がなさそう」と決めつけられ、出会いのチャンスを逃してしまう場合もあります。そんな風に勝手に境界線を引かれないためにも、人と話すときはなるべく笑顔を心がけましょう。

男性はいつでもニコニコしている女性を見ていると「自分も元気になれるような気がする!」と思う人も少なくありません。時にはその笑顔を見て「○○ちゃんの笑顔を守りたい!」と思ってくれることもあるんです。恋のチャンスを引き寄せるには、まず笑顔が一番の武器になるということを覚えておきましょうね。

また、いつもニコニコしている人は、心にも余裕がありそうな印象を抱かれ、第一印象で魅力的にみられることが多いんです。こうした笑顔は恋のチャンスを呼び込むだけでなく、同性の先輩に可愛がられるカギになりますよ。

3. 他人が嫌がることを率先してやる

愛され女子の特徴-3

面倒な仕事はついつい人に任せてしまいがち。職場では新人の頃は一生懸命にやっていたことでも、年齢が上がり「先輩」と呼ばれる立場になるにつれてめんどくさくなって後輩に押し付けてしまうことも多いのではないでしょうか。プライベートな場でもイベント事の準備や後片付けなどは面倒に思って、嫌だなと感じる人が多いですよね。

しかし、本当に魅力的な人はそうしたことを率先して取り組めるもの。他人にばかり手間のかかることを押し付けていると、次第に周りから「○○さんって自分だけよければいいんだよね」と言われてしまう原因にもなります。

他人が嫌だなと思うことを快く引き受ける姿に、同性は器の大きさを感じて「○○さんってかっこいい!」と思いますし、男性も「○○ちゃんって優しいんだ」と感じてくれるはずです。これからの時期は特にイベント事が多い季節だからこそ、グループ行動などでは周りが避けたがることこそ積極的に取り組むようにしてみましょう。

まとめ

男性だけでなく女性からも愛される女になることができれば、自分のこともちょっぴり誇らしく思える気がしますよね。さらに同性ウケをよくしておけば、あらぬ誤解をされたり、ありがちな同性からの嫉妬で悩まなくても済むかもしれません。「最近人間関係がなんだかうまくいかない」と思っている方は、ぜひこれを参考にして明日から万人ウケする愛され女子を目指してみてくださいね!

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori


コメントは受け付けていません。

root_cate: 17
category_id: 78, parent_id:76->02_technique_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 77, parent_id:76->01_technique_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

合わせて読みたい関連記事