恋愛対象外扱いされちゃう!男性に嫌われる3つの会話とは?


男性に嫌われる3つの会話-eyecatch

気になる男性ができると「自分に興味を持ってもらいたい!」と思い、積極的に会話を楽しむ女性も多いのではないでしょうか。しかし、中にはそうした何気ない会話で、あなたが恋愛対象になるかどうか判断している男性もいるんです!

そこで今回は、男性に嫌われる女性の会話をお教えいたしますので、ぜひ普段の自分と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね!

1. 感情に振り回されすぎる

男性に嫌われる3つの会話-1

男性はどちらかというと理論的。その時抱いた感情よりも、事実や結果を重視することが多いものです。だからこそ、感情的な話し方をする女性を見ていると「なんだか話をするのが疲れるな…」と感じてしまいます。

感情的になってしまう人は、自分が感じた気持ちを大切にしている場合も多いもの。その時その時の気持ちを相手に伝えたいあまり、喜怒哀楽が激しくなってしまっていることもあります。喜怒哀楽が激しすぎると、話しかけられる男性も「今日はどんな気分なんだだろう…」と不安になってしまうことも…。

嬉しいときや楽しいときに話し相手になるのはいいのですが、悲しいときや怒っているときは「○○ちゃんと関わりたくないかも…」と思われてしまうことも少なくありません。ですから、普段からよく感情的になってしまうという方は自分の感情を出しすぎず、相手の表情にも注目して話をするのがおすすめですよ。

2. やたらと男性をおだてるのもNG

男性に嫌われる3つの会話-2

大好きな彼を目の前にすると、好かれたいという気持ちが働いてついつい必要以上に男性をおだててしまった経験はありませんか?客観的に見ればそうでもないのに「○○くんって本当にイケメンだよね!」と言ってしまったり、なんでもないことにも「本当に○○くんはできる男だよね!」なんていう言葉を言ってしまうのが口癖になっている方は要注意。

男性は褒められることは好きですが、あまりにも褒められすぎると「あざとい」と思ったり、「本当は思ってなさそう…」と感じてしまうのです。また、なかには「どうせ他の男にも言ってるんだろうな」と勘違いをしてしまう方もいるので、あまりにも男性を持ちあげるのはNG。

褒め言葉は、たまに言われるからこそ胸にキュンとくるもの。彼に好かれるためにも、おだてるのは本当に「すごい」と感じたときだけにしておきましょうね!

3. ウワサ話や悪口で盛り上がろうとする

男性に嫌われる3つの会話-3

女子の世界では、表面的に仲良くしている女友達のことを裏で悪く言ってしまうこともありますよね。さっきまで一緒に盛り上がっていたのに席を立った途端、陰口のオンパレード…なんていうことも珍しくありません。

また、女性は周りのささいな変化も敏感にキャッチできる人が多いので「なんだかあの2人怪しい…」と思った時はウワサ話で盛り上がることも。しかし、男性相手にはこうしたネガティブな話題は避けておいた方が無難。男性と会話をするときにいつも仲良くしている友達の陰口を言ってしまうと「○○ちゃんって性格悪いんだな」と思われてしまうんです。

また、毎回ウワサ話を聞かされると男性は「他人のことばっかり気にして、なんだかみっともないな」と感じてしまうこともあります。女同士なら盛り上がれるようなこうした鉄板ネタも男性との会話では通用せず、ただの「イタイ人」と思われてしまうので注意しましょうね!

まとめ

意中の男性を目の前にすると、緊張して「なにかを話さないといけないのでは?」と焦ってしまいますよね。しかし、そんな時だからこそ会話のネタを慎重に選ぶことも大切なんです。同性同士でも盛り上がれるネタや会話術は異性には通用しないことも多いので、会話をするときは必ず「彼も楽しんでくれているか」ということを意識しながらチェックしてみましょうね!

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori


古川 諭香 の紹介

はじめまして。 アラサーの猫好きおっさん女子です* 男っぽい性格だからこそ分かる男性心理や女だから分かる女性心理を分かりやすくまとめていきます。日本中の恋する男女が幸せになれますように!♡

コメントは受け付けていません。

root_cate: 72
category_id: 75, parent_id:73->02_renaigaku_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 74, parent_id:73->01_renaigaku_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

合わせて読みたい関連記事