究極のモテタイプ!“ほっとけない女子”を目指そう♡


ほっとけない女子

あなたのまわりに、顔もスタイルもとくに飛びぬけていいわけではないのになぜかモテる女性はいませんか?そんな彼女はもしかしたら、最強のモテタイプ“ほっとけない女子”かもしれません。

まわりの男性がなぜだかほっとけない。気になったり助けたくなってしまう。そんな男性の心をくすぐる“ほっとけない女子”の特徴をご紹介します。本当にモテる女子を目指すなら、“ほっとけない女子”になるのがいちばんの近道かも!?

1番の特徴は“素直”だということ

ほっとけない女子-1

素直さと言ってもいろいろありますが、“ほっとけない女子”の素直に関する特徴は次の通りです。

素直な感情表現ができる

“ほっとけない女子”は感情表現が豊かです。喜怒哀楽を隠さずに表現するので、見ている男性はコロコロ変わる表情に戸惑いながらも、なんだかほっておけなくなってしまいます。悲しいやさみしいなどのマイナスな感情も素直に表しますが、“ほっとけない女子”の特徴はなんといっても笑顔が圧倒的に多いことです。いつも無邪気に楽しくしている分、かなしい表情をしたときに男性は助けてあげたり、また笑顔にさせてあげたいと気持ちを動かされるようです。

甘えることも抵抗なし

素直さから来る特徴として、“ほっとけない女子”は甘えるのも上手です。自ら甘えるというよりは、差し伸べられた手に掴まるのが上手というほうが正しいかもしれません。いつも笑顔の“ほっとけない女子”が何かで落ち込んでいるとき、差し伸べられたやさしさに素直に甘えることができるのです。

自分が差し出したやさしさに甘えてくれると、男性は自尊心を満たされ、その感情が恋にかわることもあります。誰かにやさしくされても、強がってしまう・・・というあなたは、勇気を出して弱さを認めることもモテるための重要なステップかもしれません。

予測不能な行動が男心をとらえる

ほっとけない女子-2

ほっとけない女子は天真爛漫で、男性からすると次の行動を予測できなかったりします。そんなつかみどころのなさも魅力です。

好奇心旺盛に飛ぶ蝶のよう

“ほっとけない女子”は基本的に社交的で活発。好奇心が旺盛なタイプの人が多いです。自分が興味あることや楽しそうだと思うことに、どんどんチャレンジしていくでしょう。飽きっぽい性格なのではなく、本気でやっている趣味が多い女性のイメージです。

そんな姿に男性は、自分のもとから飛んでいってしまいそうな子を独占したい気持ちや、失敗したときに助けてあげたいという男心をくすぐられほっとけなくなってしまいます。ただし、目移りする対象が男性では論外、ただの軽い女と思われてしまいます。

予測不能な天然さ

“ほっとけない女子”には自分の芯をしっかり持って自立している女性がほとんどです。そんな女性がたまに見せる天然な言動に男性は虜になるよう。気持ちがほっこり和らぐような癒しを感じ愛おしくなったり、やっぱり俺が守ってあげなきゃという気持ちもくすぐられます。

しかしこれは、いつもはしっかりしていて自立しているからこそ天然ボケがかわいらしく感じられもの。計算された天然ボケは見破られ、最悪嫌われてしまうかもしれないので、意識してやってみることは控えたほうがよさそうです。

まとめ

いかがでしたか?あなたのまわりにいるなぜかモテる彼女、にあてはまる項目はありましたか?本当にモテる“ほっとけない女子”はこれらのことを意識してやっていない人がほとんどです。

すべては実践できなくても、笑顔を心がける、なんでも前向きに挑戦してみる、弱さを見せる勇気を持つなど小さなことの積み重ねを意識してみましょう。自分の気付かないうちに、あなたもまわりの男性が“ほっとけない”と感じる女性になっているかもしれませんよ。

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori


牧野 綾香 の紹介

1986年生まれ。Web会社勤務のデザイナー。何か楽しいことないかな~?旅行行きたい!

コメントは受け付けていません。

root_cate: 17
category_id: 78, parent_id:76->02_technique_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 77, parent_id:76->01_technique_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

合わせて読みたい関連記事