付き合ってからが勝負♡いつまでも彼女が夢中になる彼氏の条件3選


夢中になる彼氏の条件

大好きな女性を自分のものにできると、男性はついつい安心してしまうもの。しかし、恋愛は付き合ってからが本当のスタートなので、油断していると彼女から「○○くんってありえない!」とすぐに別れを告げられてしまうこともあります。

そこで今回は、彼女が夢中になる彼氏の条件をご紹介いたしますので、これを参考にいつまでも彼女から好かれる素敵な男性になっちゃいましょう!

1. 男だって「寂しい」気持ちは伝えよう!

夢中になる彼氏の条件-1

彼女になかなか会えなかったり、連絡がとれなかったときは男性だって女性と同じように「寂しい」という気持ちを抱くものですよね。しかし、男性の中には強がって、寂しい気持ちを彼女に言わずに隠してしまう方もいるのではないでしょうか。

「寂しい」という言葉は、男性からしてみればちょっぴり負担や重さを感じてしまう言葉。だからこそ、自分自身が彼女に伝えることに躊躇してしまいやすいものですが、実は彼から言われる素直な「寂しい」という言葉は女性の気持ちをキュンとさせることもできるんです。

男性とは違って女性は「寂しい」といわれても、責められているような気持ちにはならず、逆に「○○くんも私のことを必要としてくれているんだ♡」と思うことができます。寂しい気持ちを感じたときはあえて素直に彼女に伝えてみると、2人の距離がさらに縮まったり、歩み寄りができるようになるはずですよ。

2. 束縛したいときは素直さを全開に♡

夢中になる彼氏の条件-2

付き合っていると「こんなことをいったら○○ちゃんにどう思われるのかな…」と頭の中で考えてしまうので、なかなか素直な気持ちを言えなくなってしまいます。そんな時は、思い切って素直さを前面に出して、自分の気持ちを彼女に理解してもらおうとするのも実はおすすめです!

例えば、彼女にやってほしくないことや行ってほしくない場所があるときは、強がって「いいよ」と言わず、「やだ」と言える勇気を持ちましょう。ただし、素直さを出すときは女心を掴むフォローも大切。ただ単に彼女の行動を制限してしまうと、「○○くんって自己中!」と思われたりめんどくさがられたりしてしまうので、プラスαの一言をつけましょう。

例えば「○○が心配だから行ってほしくない」や「○○を他の人に奪われたくないからいやだ」と言ってみるのもあり。女心をキュンとさせる台詞を付け加えれば、彼女だって納得してくれやすくなりますし、同時に「○○くんってかわいいところがあるんだ♡」とドキドキしてくれるはずです。

3. 付き合いが長いからこそ彼女を褒めよう♡

夢中になる彼氏の条件-3

口下手な男性や表情があまりかわらないクールな男性は、彼女と気持ちがすれ違ってしまうことも多いもの。男女では物事の考え方や価値観が違うからこそ、一度気持ちがすれ違ってしまった場合は元通りになれるまでに時間がかかってしまいます。

そんな男性は彼女を褒めることと自分の気持ちをはっきりと言うことを意識してみましょう。特に長く付き合っていると、男性は恥ずかしさから自分の彼女を卑下したり、からかってしまうこともありますよね。しかし、いつも雑に扱われていると女性は「○○くんは私への気持ちがもうないんだろうな」と思ってしまい、時には浮気に走ってしまうことも…。

寂しさからくる彼女の浮気を防ぐためには、年数が長くなっても「可愛いね」や「好きだよ」という言葉をきちんと彼女に伝えることが大切です。彼の気持ちをきちんと聞くことができれば、彼女だってあなただけをずっと見つめていてくれるはずですよ。

まとめ

彼女との仲は何気ない言動によって大きく変わってしまうこともあります。「○○くんと付き合えて本当に良かった!」と思われるような彼氏になるためには、女心を理解して彼女を夢中にさせるテクニックを身に着けることがとても重要です。

こうしたテクニックは彼女ができたばかりの方はもちろん、付き合いが長いカップルが行っても効果があるので、ぜひ試してみてくださいね!


古川 諭香 の紹介

はじめまして。 アラサーの猫好きおっさん女子です* 男っぽい性格だからこそ分かる男性心理や女だから分かる女性心理を分かりやすくまとめていきます。日本中の恋する男女が幸せになれますように!♡

コメントは受け付けていません。

root_cate: 26
category_id: 81, parent_id:79->02_guide_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 80, parent_id:79->01_guide_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

合わせて読みたい関連記事