片思いの女性必見!彼と両思いになるための4つの方法


彼と両思いになる

両想いになるのは簡単なことではありません。だからこそ「大好きな人と両想いになれたらいいのに・・・」と悩んでいる片思いの方も多いことでしょう。

しかし、悩んでばかりいて、やみくもに接していてはいつまでも関係は進展しません。そこで今回は片思いの皆様のために、両想いになれるまでの道のりをご紹介していきます。気になる彼がいる方は、ぜひお試しあれ!

彼の好みをリサーチ!理想の女性に近づこう!

彼と両思いになる-1

片思い中の彼に少しでも意識してもらいたいなら、まずは彼の理想の女性に近づきましょう!いままで、とくに意識されていなかった場合でも彼の目にとまる可能性が高くなりますよ。片思いから両想いになりたいなら、彼に存在を意識してもらうことが大切!彼の理想の女性に近づき、あなたの存在をアピールしていきましょう。

好みの見た目・ファッションをリサーチ

どんな男性にも好きな女性の見た目やファッションがあります。特に性格を知る前の段階では、その見た目の印象が女性としての魅力を左右するのです。つまり、片思いから脱出するためにも、見た目やファッションを彼の好みに近づけることは大きな前進につながります。

まずは、彼の好みをリサーチしておきましょう!かわいい系が好きか、大人系が好きか、髪はロングかショートかなど。本人に聞けるようなら「どんな芸能人が好き?」とさぐりをいれてみるのもいいですね。彼好みの見た目やファッションになるように、メイクや髪型、服装を変えてみましょう!

理想の性格をリサーチ

見た目やファッションの好みに近づいたら、次は中身の理想もリサーチしましょう。中身とは性格のこと。気がきく女性が好き、活発な性格が好き、〇〇をしてくれる彼女がいいなど彼の理想の性格を把握しておきます。そして、彼の目の前で、理想の性格をアピールすればいいのです。

たとえば、気の利く女性が好きならカラオケでドリンクを注文、残業中に差し入れをするなど、気の利く女性である一面を彼にみせておきましょう。あなたのそんな姿をみた彼はきっと「いいな」と女性としての魅力を感じるはず!

あなたを意識させる行動で、彼との距離を縮めよう!

彼と両思いになる-2

恋が片思いのまま終わってしまう原因は、そもそも彼があなたを女性として意識していないこと。あなたが彼をどんなに好きでも、彼があなたに女性としての魅力を感じていなければ両想いにはなれません。

ならば、あなたの存在を彼に意識させるように仕向けてみましょう。彼があなたにときめきを感じてくれれば、片思いから脱出ができる日が訪れますよ。

彼に好意をチラつかせる

人は自分のことを好きだといってくれる相手に好意をもちます。それが、どんなに興味のなかった相手でもなぜか気になってしまうのが人の本能です。そのため、「私はあなたが好き!」という遠回しの意思表示をしておくと、彼があなたを意識してくれるようになりますよ。

たとえば、彼の恋愛話を聞き「〇〇くんの彼女だったらよかったのに」と褒めたり「私、〇〇と一緒がいい!」と飲み会や集まりの際に指名してみたり。「もしかして、俺のこと好きなのかな?」と思わせるくらいの態度をとっておけば、彼は自然と意識しはじめ、あなたを気になりだすのです!

いい感じになったら告白シチュエーションをつくろう

そろそろ彼といい感じかも?と思ったら、あとはストレートに気持ちを伝えるだけ・・・ですが、なかなか自分から告白できない女性は多いですよね。そんなあなたは、彼から告白してもらえるシチュエーションをつくりだしましょう。

たとえば「好きな人になかなか告白してもらえない」と、告白される準備はできていますよ!と彼に知らせることが大切です。少しあからさますぎるかな?と思うくらいがちょうどいいです。

男性は女性が思う以上に鈍感なもの。遠回しに伝えようとしては、いつまでたっても彼は行動に移してくれません。「〇〇君が彼氏だったらいいのに」といった具合に、ストレートに伝えれば伝えるほど彼も告白しやすくなりますよ。

まとめ

彼と両想いになれるような女性に近づけていけば、きっと彼も次第にあなたのことが気になりだすはず。そして、彼に好意があることをきちんと伝えることで、彼もあなたを意識していくでしょう。

恋は駆け引きともいいます。片思いの状態から抜け出したいなら、「相手の好みに合わせるような女は嫌!」と言わず、今回紹介したテクニックを活用して、意中の彼をゲットしちゃいましょう!


コメントは受け付けていません。

root_cate: 72
category_id: 75, parent_id:73->02_renaigaku_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 74, parent_id:73->01_renaigaku_toppage_latest_information
category_id: 40, parent_id:37->03_top_hot_news

合わせて読みたい関連記事