女子に大人気!文系男子の心を奪うための4つの方法


文系男子の攻略法

じっくりと物事を考える文系男子は、共感力が高いからこそ、女子の理想を満たせるモテ男でもあります。だからこそ、文系男子に恋をしてしまうと「どうやってアプローチしよう…」と悩んでしまうです。

そこで今回は文系男子を落とせる攻略法を詳しくご説明いたしますので、ぜひ実践してみてくださいね!

1.会話は感情論を重視!

文系男子の攻略法-1

文系男子は理系男子とは違い、理論より感情論を優先します。人の気持ちをくみ取ることが上手いという特徴があるので、女性が心の中に抱えている思いに共感をしてくれるのも文系男子ならでは。

そんな文系男子には、気持ちをストレートに伝えてみるのがおすすめ。変に格好つけたり言い訳をしてしまうと、彼も「結局○○ちゃんは何が言いたいんだろう…」と感じてしまうため、気持ちが伝わりにくくなってしまいます。

特に嬉しいときや楽しいときは、自分の感じている気持ちを素直に表現してみましょう。共感力が高い文系男子は、あなたが味わっている気持ちに共感してくれるため、彼自身もあなたと過ごす時間を楽しいと思ってくれるはずです。

2.塩対応なメールやLINEはNG

文系男子の攻略法-2

男性はメールが苦手だから、短くて読みやすい文章を心がけようと思っている女性は多いのでは?しかし、短くて簡潔なメールは時として「そっけない印象」や「冷たい印象」を与えてしまうので要注意。

文系男子は文字を読むことに抵抗感がないからこそ、手の込んだメールを好む方も少なくありません。そんな期待とは裏腹に、意中の女性から短いメールがくると「○○ちゃんは俺に興味がないんだろうな」と誤解をしてしまうことも…。

メールの文字というのは、自分自身が思っている以上に心の中の気持ちが表れやすいものなので、彼の心を傷つけないためにも配慮が大切です。また、文をじっくりと読みたい文系男子の中にはリアルタイムでポンポンと送られてくるような回数が多いLINEを嫌がる方もいるので、伝えたい内容を小分けにして送るのはやめましょうね。

3.さりげない気配りをプレゼント

文系男子の攻略法-3

文系男子は平和主義な人が多いため、みんなが居心地のいい空気感を好む傾向があります。だからこそ、彼の心を引き付けるには、周りの人間関係を円滑に回せるようなサポートをしてみるのも◎

例えば職場の場合なら、コミュニケーション不足で社内の雰囲気が悪くならないよう、陰で人間関係をフォローしてみたり、人が嫌がる仕事こそ進んで引き受けてみましょう。

縁の下の力持ちは一見目立たない地味な役割に思えますが、文系男子はそんなあなたの努力に心惹かれていくはず。自分よりも周りのことを気にかける優しさを感じて、「○○ちゃんって素敵な女性だな」と思ってくれるようにもなります。

また、縁の下の力持ちとして周りのフォローを続けていれば、彼の愚痴や弱音に触れるチャンスも増えるため、距離が縮まりやすくなるというメリットもありますよ。

4.デートコーデはトレンド感重視

文系男子の攻略法-4

気になる男性を落とすときにやっぱり気になるのが、彼の好み。文系男子は雑誌を読む機会も多いため、理系男子よりもトレンドに敏感な傾向があります。そのため、彼に「いい女だな」と思ってもらうには、トレンドものをコーデの中に入れ込むことも大切。

流行のファッションアイテムを身に着けているような女性を見ると、文系男子はスペックや女子力の高さを感じやすいのです。普段男性とふたりっきりで出かけるときは、ガーリー系やフェミニン系の女性らしいアイテムばかりでまとめている方は、ぜひこれを機に季節を感じられるトレンドアイテムを身に着けてみてくださいね!

まとめ

文系男子は自分自身が気配り上手だからこそ、相手に対して優しさや平和主義といった穏やかな一面を求めるものです。そんな彼の心を掴むには、内面から溢れ出る真の女子力を高めていくことも必要になってくるので、ぜひこれを参考に攻略法をマスターしてモテ男をGETしちゃいましょうね!


古川 諭香 の紹介

はじめまして。 アラサーの猫好きおっさん女子です* 男っぽい性格だからこそ分かる男性心理や女だから分かる女性心理を分かりやすくまとめていきます。日本中の恋する男女が幸せになれますように!♡

コメントは受け付けていません。

root_cate: 17
category_id: 78, parent_id:76->02_technique_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 77, parent_id:76->01_technique_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

合わせて読みたい関連記事