文面以外からも読み取れ!LINEで見極める彼からの脈ありポイント3選


LINEの脈ありポイント

いつもでも彼とリアルタイムでコミュニケーションを楽しめるLINEは、便利だからこそ、脈ありサインを読み取る道具にもなります。

片思い中は、意中の彼から既読スルーをされると、脈なしのような気がして、ネガティブな気分になってしまうこともありますよね。

しかし、実はLINEの文章や既読表示だけから男性の脈を判断するのはNG。正しく見極めるにはLINEの文面以外にも注目してみることが大切なんです!

そこで今回は、男性がLINEで見せる脈ありサインをいくつかご紹介いたしますので、ぜひ彼の深層心理を見極めちゃいましょう。

1.OFF感満載な写真が送られてくる

LINEの脈ありポイント-1

男性は自分が興味のない相手に対してはプライベートな自分をなるべく見せたくないと思うもの。しかし、そうした気持ちがあるからこそ、脈あり女性にはじ「自分のすべてを分かってほしい!」と思うことも多いのです。

そこで行ってしまうのが、OFF感満載ななにげない写メを送ること。もしも、意中の彼からLINEで「○○なう」とか「○○してきたよ!」などといった写真付きのLINEがきた場合は、脈ありな証拠。

写真付きのLINEには、自分のことをもっとよく知ってもらい、距離を縮めたいという男心が込められているのです。ですから、気になっている彼から写真付きの日常LINEが送られてきた場合は、一歩踏み込んだ質問をしてみるのもおすすめ。

例えば「どこにいるの?」と尋ねてみれば彼との会話も弾みますし、上級者の方は「私も行ってみたい!」などと送ってデートの約束を取り付けちゃうのもあり!

写真付きLINEを送ってくる男性には、女性側も積極的な態度で挑めば恋のチャンスをGETしやすくなります。

2.同じスタンプを持っている

LINEの脈ありポイント-2

LINEをしていてふと気が付くと、気になっている男性がいつの間にか自分と同じスタンプを使うようになっていたという経験をしたことがある方もいるのでは?

実はそんなスタンプの使い方も男性からの脈ありアピール。男性は女性よりもLINEのスタンプに無頓着な方が多いもの。必要最低限の連絡が取れればいいという考えがあるため、会話を盛り上げるスタンプを頻繁にダウンロードすることが稀です。

それなのに、わざわざあなたと同じ種類のスタンプを持っているということは、それだけあなたの好みに興味を持っているサイン。なかには、アプローチができないため、LINEのスタンプをネタにしたいと思っているシャイ男子も存在します。

もしも、意中の男性が自分と同じスタンプを使ってくる場合は、あえて「○○くんもそのキャラ好きなの?」と質問してみると、会話が盛り上がるかもしれません。

3.速度や回数より期間に着目!

LINEの脈ありポイント-3

好きな男性からなかなか返事が来なかったり、既読スルーや未読スルーをされてると恋を頑張る気力もなくなってしまいます。しかし忘れてはいけないのは、男性はもともとLINEを一種の連絡手段として考えていないということ。

毎日のコミュニケーションツールとして考えている女性とはとらえ方が違うので、使用法も変わってきます。そのため、自分自身が趣味や仕事で忙しいときは、脈あり相手にも返信をすることを忘れてしまうことも。

だからこそ、彼の脈ありサインを正しく知りたいときは、LINEの返信速度や回数よりも、LINEが続いている期間に着目してみましょう。

例え返信が遅かったり、回数が少なかったりしても彼とLINEを続けている期間が長ければ、あなたに対して脈ありな証拠といえます。

まとめ

男性と女性では価値観が違うからこそ、片思い中は彼の心が分からなくてモヤモヤとした気持ちになってしまうことも多いと思います。

LINEはチャット形式で会話ができるため、既読表示や彼からの文面にばかり目を向けてしまいがちですが、実は何気ない言動の中に本音が散りばめられている可能性もあるのです。

ぜひ現在片思い中の方は、これを参考にして気になっている男性の脈ありサインを正しく判定してみてくださいね!


コメントは受け付けていません。

root_cate: 72
category_id: 75, parent_id:73->02_renaigaku_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 74, parent_id:73->01_renaigaku_toppage_latest_information
category_id: 38, parent_id:37->01_top_hot_topics

合わせて読みたい関連記事