都合のいい女は卒業!やりもく男を本気にさせるための極意とは?


やりもく男を本気にさせる

体の関係だけが目当てなやりもく男を好きになってしまうと、「都合のいい女でもいいから、彼のそばにいたい…」と思ってしまうもの。

しかし、そんな関係を続けていては、彼との将来は見えてきません。だからこそ、やりもく男の心を本当に掴みたいのであれば、彼の心をこちらから刺激してみることが大切です。

今回は、やりもく男を本気にさせるためのポイントをいくつかまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.体の関係を簡単に結ばないのは基本!

やりもく男を本気にさせる-1

やりもく男の目的は、女性の体です。やりもく男は女慣れしている場合も多いので、目的を達成するためなら、どんな甘い言葉も囁きます。

例えば、あなたに対して「好き」や「愛してる」などと言ってくるのはもちろん、「ずっと一緒にいたい」という夢のあるような言葉も口にしてくれるでしょう。

しかし、そんな言葉が続くのも体の関係を結ぶまでです。だからこそ、やりもく男を本気にさせるには、まず簡単に体の関係を結ばないことが大切になります。

簡単に手に入るような女性は男性からしてみればイマイチ夢中になれません。彼を夢中にさせるためには、「手に入りそうで入らない女性」を目指してみましょう。

例えば、「○○くんとしたいけど、まだ気持ちの準備ができなくて…」なんていうセリフを使うのもおすすめです。「○○ちゃんとは、いつかやれそうだ」とやりもく男に思わせることができれば、こちらが恋愛の主導権を握れるようになります。

2. 不安をストレート伝えてみよう

やりもく男を本気にさせる-2

やりもく男とエッチをしてまった後に気になるのが、彼の今後の出方。なかには「このまま音信不通になってしまったらどうしよう」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんなときは、その不安をストレートに彼へ伝えてみるのがおすすめです。「ヤったから、○○くんが音信不通にならないか不安…」なんていう言葉を言ってみれば、やりもく男だって連絡を滞らせにくくなります。

このときにやってはいけないのが、自分の方から連絡を絶ってしまうこと。彼の気を引きたくて、エッチ後に彼への連絡を少なくしたくなる女性もいるでしょう。

しかし、女性の方から連絡を減らしてしまうと、やりもく男は「チャンスだ!」と思い、あなたとの関係からフェードアウトしていってしまうので注意しましょう。

3.彼の内面のギャップを見つけよう

やりもく男を本気にさせる-3

やりもく男は自分に自信を持っていますし、褒められることにも慣れています。そのため、ただ「かっこいいね」や「優しいね」と褒めるだけでは、彼の心を掴むことはできません。

やりもく男の心を掴むには、彼の中にあるギャップを発見してみましょう。例えば、彼の中に繊細な一面を感じたときは「○○くんって、誰にでも優しいけど、実は繊細そうだから心配になるよ」などといってみるのもおすすめです。

人は自分では気づかない一面を他の人に指摘されると、その相手に本当の自分を理解してもらっているような気がします。

そのため、自分の心の中で相手の存在感が強くなり、「○○ちゃんなら本当の俺を分かってくれるのかもしれない」と思うようにもなるのです。

こう思わせることができれば、やりもく男だってあなたのことを「ただの都合のいい女」として見れなくなるはず。

いきなり彼女にまではなれなくても、体の関係を結ばなくても繋がっていられるような交友関係を育んでいくことができるでしょう。

まとめ

女性なら誰だってやりもく男には引っかかりたくないものですが、時にはそうだと分かっていても好きになってしまうことがあるかと思います。

そんなときは、自分の体を武器にするのではなく、彼の心を掴むための努力をしてみましょう。

やりもく男を夢中にさせるには、自分の中の女っぽさよりも人間味を売りにしていってみてくださいね!


古川 諭香 の紹介

はじめまして。 アラサーの猫好きおっさん女子です* 男っぽい性格だからこそ分かる男性心理や女だから分かる女性心理を分かりやすくまとめていきます。日本中の恋する男女が幸せになれますように!♡

コメントは受け付けていません。

root_cate: 72
category_id: 75, parent_id:73->02_renaigaku_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 74, parent_id:73->01_renaigaku_toppage_latest_information
category_id: 38, parent_id:37->01_top_hot_topics

合わせて読みたい関連記事