両国デート満喫コース☆粋な下町文化と江戸グルメにふれる


両国デート

両国といえば相撲の聖地。駅を降り立つと、両国国技館をはじめ相撲博物館など、相撲にまつわるスポットが目白押し。

ちゃんこ専門店やどじょう専門店と、絶品グルメも豊富。運が良いと浴衣を着た力士を見ることもできるかも。

下町の雰囲気を残すそんな両国で、いつもとは少し違った刺激的なデートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

早速、カップルにおすすめのデートスポットと絶品両国グルメを見ていきましょう。

1. 両国国技館

相撲観戦で刺激的なデートを満喫

両国国技館

言わずと知れた相撲の興行会場。

両国国技館では、大相撲は1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)の3回行われ、開催時期になると駅前が相撲ファンであふれかえるほどの賑わいをみせます。

ゆったり観戦できるけどお値段も高めのマス席から、2,000円台~購入できるリーズナブルな自由席まで、座席の種類も豊富。

大きな力士がぶつかり合う様は迫力満点!いつもと違う刺激的なデートを体験してみてはいかがでしょうか?

スポット名 両国国技館/公式サイト
電話番号 03-3623-5111
住所 東京都墨田区横網1-3-28
アクセス 総武線「両国駅」西口より徒歩2分
都営大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
営業時間
定休日
料金・予算 <大相撲>
桝席A:11,700円、桝席B:10,600円、桝席C:9,500円、
椅子席A:8,500円、椅子席B:5,100円、椅子席C:3,800円、
当日券(2階席自由席):2,200円(当日8:00より発売、一人一枚)

 

2. 相撲博物館

両国デートの寄り道スポット

相撲博物館

相撲ファンはもちろんのこと、相撲についてもっと知りたいという初級者カップルにもおすすめの博物館。昭和29年の開館以来、遠方からの観光客をはじめ、外国人観光客にも人気を博しています。

館内には、初代館長が収集した相撲にまつわる品々がいっぱい!一年に6回ほど切り替わる展示は、さまざまな角度からテーマを設定していてユニークだと評判。

展示内容が変わる頻度も高いので、何度も足を運んでも楽しめちゃいますよ。力士と一緒に撮れるプリクラがあったり、なかなかユニーク。話題に事欠かないので、両国デートの際は、是非訪れてみて下さいね。

スポット名 相撲博物館/公式サイト
電話番号 03-3622-0366
住所 東京都墨田区横網1-3-28 国技館1F
アクセス 総武線「両国駅」西口より徒歩1分
都営大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
営業時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日 土日祝、年末年始
※東京本場所中は毎日開館、ただし大相撲観覧者のみ見学可
料金・予算 無料

 

3. 江戸東京博物館

江戸の街並みを再現した展示が多数!都内屈指の人気を誇る博物館

江戸東京博物館

連日多くの観光客が訪れる、東京都内でも人気の高い博物館。江戸の歴史や文化に触れられる展示が多くあり、入館料も600円とリーズナブル。

館内を進めば、スケールの大きさにも驚くことでしょう。目玉は、復元された実物大の日本橋。他にも、江戸時代の街並みを再現したコーナーや大道芸が見れたりイベントを催していたりと見どころが満載!

両国デートを楽しむなら、絶対に訪れたいおすすめスポットの一つですよ。

スポット名 江戸東京博物館/公式サイト
電話番号 03-3626-9974
住所 東京都墨田区横綱1-4-1
アクセス 総武線「両国駅」西口より徒歩3分
都営大江戸線「両国駅」A4出口より徒歩1分
営業時間 9:30~17:30 (入館は17:00まで)
土曜日は9:30~19:30まで開館
定休日 月曜日、年末年始
(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)
料金・予算 <常設展>
一般:600円、大学生:480円、高校生・中学生(都外):300円
中学生(都内在学または在住)・小学生以下:無料
<特別展>
展覧会により異なる

4. 両国湯屋江戸遊

飲み始める前にひとっ風呂浴びるプランも◎

両国湯屋江戸遊

北斎通り沿いに位置する、和をモチーフにした外観が目を引く温浴施設。中に入ると、和モダンな空間が広がり、女性も利用しやすいお洒落な雰囲気。デート利用にも打ってつけです。

館内には、リラクゼーション施設や食事処もあるので、時間を忘れてついついくつろいでしまいます。ゆっくりお湯につかってリフレッシュした後に、ちゃんこ屋へ行くなんてデートプランも素敵ですね。

スポット名 両国湯屋江戸遊/公式サイト
電話番号 03-3621-2611
住所 東京都墨田区亀沢1-5-8
アクセス 都営大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩1分
JR総武線「両国駅」東口より徒歩7分
営業時間 11:00~翌朝9:00
定休日 無休
料金・予算 入館料:2,750円
深夜割増(深夜1時~翌朝6時):1時間につき340円割増
朝風呂(朝6時から朝8時まで):1,250円

 

5. 回向院

鼠小僧のお墓があることで有名?

回向院

回向院は、寺社を建立するための資金を集めるために行う相撲、「勧進相撲」を開催していた場所として有名なスポット。

境内には、千体地蔵尊や鼠小僧のお墓など、気になるスポットも。長年にわたって地元民に親しまれてきた寺院なので、両国デートの際には、気軽に足を運んでみて下さい。

スポット名 回向院/公式サイト
電話番号 03-3634-7776
住所 東京都墨田区両国2-8-10
アクセス 総武線「両国駅」より徒歩4分
営業時間 常時開放
定休日 無休
料金・予算 参拝無料

 

6. 旧安田庭園

下町両国で粋なお散歩デートを無料で満喫♪

旧安田庭園

四季折々の自然を無料で楽しめる庭園。両国デートの合間に、情緒あふれるお散歩を満喫してみてはいかがでしょうか?

併設されている両国テラスでは、夏はテラス席で、冬はこたつでバーベキューを楽しむことができます。

両国駅からも徒歩4分ほどの場所にあり、アクセス抜群なので気軽に立ち寄ってみて下さい。庭園散策を堪能した後にバーベキューでお腹を満たせば、なんだか贅沢気分に浸れますよ。

スポット名 旧安田庭園/公式サイト
電話番号 03-5608-6951
住所 東京都墨田区横網1-12-1
アクセス 総武線「両国駅」西口より徒歩5分
都営大江戸線「両国駅」A1出口より徒歩7分
営業時間 9:00~16:30
定休日 年末年始
料金・予算 無料

 

7. すみだ北斎美術館

葛飾北斎の浮世絵の数々を鑑賞

すみだ北斎美術館

両国は葛飾北斎のゆかりの地でもあります。「すみだ北斎美術館」では、北斎が生まれてから亡くなるまでの生涯の様子をはじめ、数々の代表的な作品を拝むことができます。

館内に併設されている「北斎茶房」では、抹茶を味わいながら和スイーツをいただけ、疲れた時の一休みに打ってつけ。季節限定のかき氷もあり、メニューのバリエーションも豊かです。

館内は落ち着いた雰囲気なので、両国で大人の美術館デートを満喫してみてはいかがでしょうか?

スポット名 すみだ北斎美術館/公式サイト
電話番号 03-6658-8936
住所 東京都墨田区亀沢2-7-2
アクセス 総武線「両国駅」東口より徒歩5分
都営大江戸線「両国駅」より徒歩5分
営業時間 9:30~17:30
定休日 月曜日
料金・予算 一般:400円、高校・大学生:300円

8. -両国-江戸NOREN

江戸のグルメが集結!観光案内所もあるよ

両国-江戸NOREN

粋な江戸の食文化を身近に感じられる商業施設。館内には、江戸前寿司をはじめ、もんじゃ焼き、深川めしなど、代表的な江戸東京グルメが満載。

和スイーツを味わえる甘味処もあるのでランチ、ディナー以外でも気軽に立ち寄ってみて下さい。

館内は食事処だけでなく観光案内所も完備。駅直結なので、両国に着いたらまず訪れるのもおすすめ。ご飯を食べながら2人で両国デートプランについて語り合ってみてはいかが?

スポット名 -両国-江戸NOREN/公式サイト
電話番号 03-6658-8033
住所 東京都墨田区横網1-3-20
アクセス 総武線「両国駅」西口より直結
都営大江戸線「両国駅」より徒歩7分
営業時間 10:00~23:30
定休日 無休
料金・予算 店舗により異なる

 

9. 両国高はし

ここでしか買えない珍しい相撲グッズが目白押し!

両国高はし

両国随一の相撲グッズ販売店。力士専用の箸置きをはじめ、このお店でしか出会えない一風変わったオリジナルグッズを扱っていることから、多くの相撲ファンが訪れます。

お相撲さんが使用しているピンつけ油といった変わり種から、日用品として使えるアイテムも。見ているだけでも十分楽しめるので、両国デートの際には足を運んでみて下さい。

スポット名 両国高はし/公式サイト
電話番号 03-3631-2420
住所 東京都墨田区両国4-31-15
アクセス 総武線「両国駅」より徒歩5分
営業時間 9:30~19:00
定休日 日曜日(大相撲東京場所中を除く)
料金・予算

 

10. ちゃんこ巴潟 (ともえがた)

両国に来たからにはちゃんこ鍋!

ちゃんこ巴潟

両国の必食グルメといえば「ちゃんこ鍋」。そんなちゃんこ鍋の名店が「巴潟」。両国でも屈指の人気店で、平日休日問わず賑わいを見せています。

デートディナーに一押しの「ちゃんこ鍋会席」は、前菜からお刺身、ちゃんこ鍋まで思う存分満喫できるフルコース。

落ち着いた和空間のなか、絶品ちゃんこ鍋に舌鼓を打つ。そんなちょっぴり大人のデートを堪能してみてはいかがでしょうか?

スポット名 ちゃんこ巴潟 /公式サイト
電話番号 03-3632-5600
住所 東京都墨田区両国2-17-6
アクセス 総武線「両国駅」より徒歩3分
都営大江戸線「両国駅」より徒歩8分
営業時間 [ランチ] 11:00~14:00
[ディナー] 17:00~22:30
土日祝は16:30よりディナー営業
定休日 無休
料金・予算 [ランチ] 1,000円~2,000円
[ディナー] 6,000円~8,000円

 

11. 江戸蕎麦 ほそ川

ミシュランにものった絶品おそばをご堪能あれ!

江戸蕎麦 ほそ川

ミュシュランガイドにも掲載されたことがあるお蕎麦の名店。おすすめメニューは、やはり蕎麦本来の風味を思う存分味わえる「せいろ」でしょう。

挽きたての十割蕎麦は、一口食べた瞬間に蕎麦の風味と豊かな香りが口の中に広がる逸品です。旬の食材を使用した季節限定のメニューと合わせていただくのも贅沢ですね。

値段はお高めですが味は確か!両国でちょっとリッチなお食事デートを満喫してみてはいかがでしょうか?

スポット名 江戸蕎麦 ほそ川/公式サイト
電話番号 03-3626-1125
住所 東京都墨田区亀沢1-6-5
アクセス 総武線「両国駅」東口より徒歩7分
都営大江戸線「両国駅」より徒歩2分
営業時間 [ランチ] 11:45~14:30
[ディナー] 17:30~20:30
定休日 月曜日・第三火曜日
料金・予算 [ランチ] 2,000円~3,000円
[ディナー] 4,000円~5,000円

 

12. 桔梗家(ききょうや)

「どじょう鍋」を扱う老舗の名店

桔梗家

ランチ&ディナーに、江戸時代から親しまれてきた「どぜう鍋」はいかがでしょうか?

食べたことのない方は、ちょっと避けてしまいがちかもしれませんが、気になる臭みもなく、程よい脂加減がクセになりますよ。醤油による味付けがしっかりついているので、ご飯のお供にも、お酒のおつまみにも良く合います。

こぢんまりとした店内は、木のぬくもりがあたたかい、老舗感ただよう落ち着く空間。粋な江戸フードを満喫するのも両国デートの醍醐味の一つですよ。

スポット名 桔梗家/公式サイト
電話番号 03-3631-1091
住所 東京都墨田区両国1-13-15
アクセス 総武線「両国駅」西口より徒歩5分
都営大江戸線「両国駅」より徒歩10分
営業時間 [ランチ] 11:00~14:00
[ディナー] 16:30~21:00
定休日 日曜・祝日
料金・予算 [ランチ] 1,000円~2,000円
[ディナー] 4,000円~5,000円

 

13. 両国 國技堂

小腹が空いたとき&お土産にも最適な甘味処

両国 國技堂

小腹が空いた時に気軽に立ち寄りたい甘味処。大正12年創業の老舗の名店です。お団子も美味しいですが、是非試してほしいのが名物の「あんこあられ」。

その名の通り、あられせんべいとアンコを組み合わせた商品で、一見合わなそうにも感じますが、一口食べると意外や意外。あられのしょっぱさと、あんこの甘みが絶妙にマッチした一品です。

お土産として購入することもできるので、両国デートの帰りに寄っていくのもおすすめです。

スポット名 両国 國技堂/外部サイト
電話番号 03-3631-3856
住所 東京都墨田区両国2-17-3
アクセス 総武線「両国駅」より徒歩4分
営業時間 10:00~20:00
定休日 無休
料金・予算 ~1,000円

 

14. ももんじや

イノシシ肉、鹿肉、熊の肉まで!

ももんじや

享保3年の開業以来、両国・国技館近くで十代続く超老舗の獣肉料理店。猪肉を使用した「しし鍋」を名物料理として、熊肉や鹿肉も堪能することができます。

ジビエ料理が好きなカップルには「おすすめ野獣肉コース」がおすすめ。イノシシ、熊、鹿すべてを使用したフルコースを味わえちゃう贅沢なコースです。畳個室もあるので、落ち着いた大人のデートにおすすめです。

スポット名 ももんじや/公式サイト
電話番号 03-3631-5596
住所 東京都墨田区両国1-10-2
アクセス 総武線「両国駅」西口より徒歩5分
営業時間 [ディナー] 17:00~21:00
定休日 日曜日
料金・予算 [ランチ] 1,000円~2,000円
[ディナー] 8,000円~9,000円

 

15. 越後屋若狭(えちごやわかさ)

一度は食べてほしい!完全予約制の名物「水ようかん」

越後屋若狭

全ての商品が受注生産のため、完全予約制の和菓子店。名物の水ようかんは必食です!この水ようかんを目的に、遠方から両国に訪れるファンも多い逸品。明治期より大きな政治家や著名人に愛されてきました。

風味豊かで上品な甘さと程よい口あたりは和菓子好きにはたまらない一品!水ようかんは6~9月の期間限定販売なので、購入時期を間違えたら一年越しになってしまうため要注意。早めの予約を心掛けましょう。

スポット名 越後屋若狭/外部サイト
電話番号 03-3631-3605
住所 東京都墨田区千歳1-8-4
アクセス 総武線「両国駅」より徒歩8分
営業時間 10:00~17:00
定休日 日曜・祝日
料金・予算 2,000円~3,000円

 

両国はいつもと違う下町デートが満喫できるエリア

両国は、相撲文化を中心に、下町の情緒溢れるデートスポットが満載のエリア。相撲観戦に、いつもとは一味違う下町グルメを満喫すれば、きっと思い出に残るデートになりますよ。



コメントは受け付けていません。

おすすめコンテンツ Recommend Contents