印刷博物館

印刷博物館

たった300円で社会科見学が楽しめる穴場のデートスポット

凸版印刷株式会社が運営する印刷専門の博物館。生活のあらゆる場面に存在する「印刷」とのかかわりを再発見することができる。

常設展示は印刷の誕生から現代までを大きく5つのブロックに分けて紹介。印刷技術と印刷がもたらした社会的・文化的影響、人との関わりなど、印刷の歴史について幅広く学ぶことができる。

なかでもオススメは印刷工房「印刷の家」。活字を用いてしおりやコースターなど自分だけの印刷物の製作体験ができる。出来上がったものは持ち帰ることができるのでデートの記念にもなる。15:00~(木~日)、約30分、先着6名。

季節によってプログラムが変わるので、詳しくはこちらをチェック。

ほかにも、展覧会やイベントを開催する多目的ギャラリーや、デジタル技術を駆使した臨場感あふれる映像が楽しめる「VRシアター(土曜・日曜・土日に続く休日のみ公開)」など、興味深い展示がいっぱい。

たった300円で社会科見学が楽しめる印刷博物館は穴場のデートスポット。まわりには東京ドームシティやラクーアといった定番デートスポットや、小石川後楽園・小石川植物園など緑豊かな公園もたくさん。近くに訪れた際は足をのばして、気軽に社会科見学を楽しんでみてはいかがだろうか?


タグ: , , , ,

印刷博物館の基本情報

スポット名 印刷博物館 公式サイト
電話番号 03-5840-2300
住所 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
アクセス 有楽町線「江戸川橋駅」 4番出口より徒歩8分
総武線・大江戸線「飯田橋駅」 東口より徒歩13分
有楽町線・東西線・南北線「飯田橋駅」 B1出口より徒歩13分
丸ノ内線・南北線「後楽園駅」 1番出口より徒歩10分
営業時間 10:00~18:00 (入館は17:30まで)
定休日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)
料金・予算 <入館料>
一般:300円、学生:200円、中高生:100円、小学生以下:無料
※企画展開催時は上記料金が変更になる。詳しくは公式サイトの展示案内から料金を確認。
<無料観覧日>
こどもの日(5月5日)、文化の日(11月3日)
関連ページ
備考
印刷博物館1 印刷博物館2
photo by [印刷博物館 / zenjiro]
住所
東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル

アクセス
有楽町線「江戸川橋駅」 4番出口より徒歩8分
総武線・大江戸線「飯田橋駅」 東口より徒歩13分
有楽町線・東西線・南北線「飯田橋駅」 B1出口より徒歩13分
丸ノ内線・南北線「後楽園駅」 1番出口より徒歩10分

企画展開催時は料金が変わる

印刷博物館は、展示替えに合わせて空間も変えられるよう、常設展示と企画展示のスペースを分けていない。企画展開催中は展覧会ごとに料金が異なるので、ホームページをチェックしておこう。

※ 現在、イベント情報がありません

周辺のおすすめスポット Recommend Date Spot

おすすめコンテンツ Recommend Contents