水族館デートでいい女だと思われる3つのポイント!


水族館デート-top

成功難易度:★☆☆☆☆
おすすめ度:★★★★★

猛暑の夏や寒い冬でも楽しめるデートコースといえば“水族館”。水族館は面白い魚やイルカショーなど会話が弾むものが多いため初デートにもおすすめです。今回は、水族館デートならではの距離の縮め方やいい女を演出できるコーディネートなど3つのポイントをお教えします!

1. テーマは熱帯魚!? キレイに見えるコーディネート

水族館デート-1

デートが決まったら、まず気になるのが当日のコーディネート。水族館デートで彼に好印象の服装とはどんなものでしょうか・・・

1.1 アウター

屋内のデートの場合、外気との温度差があることも。出入り口でサッと着脱がしやすく、かさばらないものを選びましょう。夏はストールやカーディガンでもOKです。冬は寒さ対策も重要ですが、デートなので女性らしさのあるシルエットやカラーを選びましょう。薄暗い館内ではグレーやベージュ、黒などの暗い色が顔まわりにあると、顔色がどんよりとして老けて見えてしまいます。顔色が明るく映える白、黄色、赤など華やかな色がおすすめです。

1.2インナー

優雅に泳ぐ魚とリンクするように、風に揺れるふんわりデザインがおすすめ。フレアスカートやワンピースで動きのでるものを選びましょう。アウターと同様に暗い色のものは避け、カラフルな熱帯魚をお手本に鮮やかな色、爽やかな色をチョイス。アクセサリーもゆらゆら動くものにしましょう。夏はマリンモチーフを取り入れても可愛いですね。

1.3シューズ

水族館は遊園地のようなテーマパークに比べると、歩く距離が短いのでヒールで女子力を上げましょう。夏はマリンの雰囲気が漂うウェッジソールタイプもおすすめです。

水族館デートコーデでひとつだけ注意すべきことは、“ブラックライトによる透け対策”です。水族館では魚を美しく見せるために所々でブラックライトが使われています。ブラックライトに照らされると蛍光塗料を含む白い部分が光って見えますが、上着だけではなく、薄着だと白い下着も光って透けて見えてしまうことがあります!!薄着の場合は館内でカーディガンを羽織ったり、白い下着を避けるなど透け対策をしましょう。

2. 昼デート or 夜デート

水族館デート-2

季節限定で夜に開館している水族館があることをご存知ですか?休日の昼間は家族連れが多くて賑やかな雰囲気がありますが、夕方から夜はカップルが多いため、館内はしっとりと大人の雰囲気に変わります。昼間の時間帯では、子どもたちへの優しい対応や混雑時の気配りなど、あなたの内面を彼にアピールすることができ、夜の時間帯では女性らしい仕草や、水槽を見入るうっとりとした横顔で彼をドキッとさせることができます。彼に何をアピールしたいかによって、デートの時間帯を決めるといいのでしょう。

3. 笑う!驚く!褒める!

水族館デート-3

初デートで終わらせない!また会いたいと思わせる5つのテクニック」でも書いていますが、男性は基本的に優位に立ちたい生き物です。俺が彼女を楽しませている、と感じるといい気分になります。“あなたと一緒にいると楽しい”ということが伝わるような言葉を意識して発しましょう。

①笑う

可愛い魚や個性的な生き物、ワクワクするイルカショーなど水族館には笑顔になれるものがたくさんあります。2人で同時に水槽をのぞき込んで接近してしまった時に「ごめん、タイミングかぶった~ 笑」と、恥ずかしそうな笑顔で言われたらドキッとしない男性はいません!たくさん笑って、楽しいという気持ちを表しましょう。

②驚く

初めて見る生き物やショーを見た時は「すごいね!」「初めて見た!可愛いね〜」など、驚きと感動を伝えましょう。素直で明るい女性はとても魅力的です。

③褒める

自分の知らない魚の豆知識を披露されたら、たとえ全く興味がなくても「へー、知らなかった〜!面白いね!」と彼を褒めましょう。魚の話だけでなく、オシャレや内面など彼のいいところを見つけたら、ぜひ言葉にしてみてください。自分をしっかり見てくれていることに、あなたへの気持ちも高まるでしょう。

詳しくは、「俺を褒めてくれ!タイプ別、褒められたら嬉しいポイント」をチェック。

まとめ

いかがでしたか?水の中を自由に泳ぐ魚を見ると、心拍数や血圧がさがり心身ともにリラックスするとも言われています。今回お教えしたポイントを意識しながら水族館で心地よい時間を過ごせば、彼との距離も自然と縮まるはずです。ぜひ実践してみてください!


Maiko の紹介

都内在住の専業主婦。フリーライター。

コメントは受け付けていません。

root_cate: 17
category_id: 78, parent_id:76->02_technique_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 77, parent_id:76->01_technique_toppage_latest_information
category_id: 38, parent_id:37->01_top_hot_topics

合わせて読みたい関連記事