愛され男子が実践中!母性本能をくすぐる5つの瞬間


母性本能をくすぐる5つの瞬間-eyecatch

あなたは、女性の奥底にある母性本能をいとも簡単に引き出してしまう男性がいることを知っていますか?

イケメンでもないのに何故かモテる男性は、意識的にせよ無意識にせよ、男らしさの中にときどき見え隠れするギャップによって母性本能をくすぐっているのです。

母性とは女性が愛くるしい子どもを見て、守りたいと感じる心のこと。女性は大人の男性に対しても「守ってあげたい」と感じる瞬間があります。「男」と感じていた相手が、かわいい一面を垣間見せた瞬間、その衝動に駆られるのです。

さあ、世の中の女性はどんな瞬間に母性を感じているのでしょうか。今回はそんな女性の心をのぞいていきましょう。

1. 自分にだけに見せる弱った姿

母性本能をくすぐる5つの瞬間-1

普段頼れる男性が、突然自分にだけ弱さを見せてくる瞬間、女性は「守ってあげたい」と感じます。いつもは頼っていた彼が弱っている、悲しんでいると急に母性本能が湧いてくるのです。たとえばいつもは愚痴をはかない仕事のことで「プレッシャーが大きすぎて・・・」と弱音をこぼしたり、助けをもとめたり。

女性に助けをもとめると「情けない」と思われそうと思っているかもしれませんが実はその逆です。「私が守ってあげなきゃ」と感じるのが女性の本能。とはいえ、普段から弱みを見せたり、愚痴が多い人であれば女性に対しての効果は期待できません。いつもは見せない姿であることがポイントです。

2. 二人のきりのときに甘えてくる

母性本能をくすぐる5つの瞬間-2

みんなの前ではしっかりしている男性も、ふと2人きりになったときに甘えてくる、そんなギャップに母性本能はくすぐられます。私にだけ見せる姿、周りが本当は知らない可愛い一面はまるで母親に見せる顔のよう。思わず頭を撫でてあげたくなるような可愛らしさを感じます。

甘えてくる男性を気持ち悪いと感じる女性もいますが、それは甘え方が問題なのかもしれません。駄々をこねるのと甘えるのは違います。「○○さんといると気分が明るくなる」、「○○さんにだけ相談したいことがあるんだけど、少し話聞いてもらえる?」など、さりげない甘えに女性はグッとくるのです。

3. 突然見せる無邪気な笑顔

母性本能をくすぐる5つの瞬間-3

笑顔は胸キュンと母性本能のどちらもくすぐる魔法の力を持っています。屈託のない無邪気な笑顔はまるで子供のよう。「かわいいな」「こんな顔で笑うんだ」と女性の母性本能を刺激するのです。大人っぽい笑顔も魅力的ですが、思わず大笑いしてしまった無邪気な笑顔はもっと効果的。「彼の笑顔が好き」という女性はこの無邪気な笑顔を体験しているのかもしれません。

4. 無防備な寝顔

母性本能をくすぐる5つの瞬間-4

たとえ彼氏でなくても無防備に寝ている姿には自然と愛情が湧いてくるもの。中でも仕事で疲れて気持ちよさそうに寝てしまっている無防備な姿は母性本能をくすぐるポイントです。普段頼れる彼なら「こんなかわいい顔して寝るんだ」「仕事頑張っているんだな」と愛おしさを感じます。

5. 手料理を美味しそうに食べる

母性本能をくすぐる5つの瞬間-5

自分が作った手料理を、「○○さんの手料理すごい美味しい!」「おかわりしてもいい?」と嬉しそうにたくさん食べてくれる男性の姿。その姿を見ると女性は「こんなに美味しそうに食べてくれて嬉しい」と感じます。我が子に美味しいご飯を食べさせたいと思うのと同じように男性への母性を発揮するのです。そして「また作ってあげたい」という思いが、世話をしたい、喜ばせたいという愛情へと次第に変化していきます。

まとめ

普段頼りがいのある男性の意外な一面を見ると、女性は「ほっとけない」とつい感じてしまうもの。また、自分だけにそんな姿を見せられると、「頼りにしてくれているから、私にだけにこんな一面を見せてくれるんだ」と思い、自然と守ってあげたいと感じるようになります。

ただ弱みを見せたり、甘えればいいわけではありません。母性本能を引き出すカギは、普段とは違う”ギャップ”と、その人にしか見せない”特別感”。あなたも女性から「守ってあげたい」と思われる愛され男子を目指すなら、この2つのポイントを忘れずに覚えておきましょう。


コメントは受け付けていません。

root_cate: 17
category_id: 78, parent_id:76->02_technique_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 77, parent_id:76->01_technique_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

おすすめコンテンツ Recommend Contents