幸せをつくる!同棲カップルにおすすめしたい4つの間取り


同棲におすすめの間取り-eyecatch

同棲、それはカップルの憧れでもあります。勢いあまってどちらかの家に、そのまま同居するパターンも少なくないですよね。

しかし、同棲を始めるカップルにとって間取りはとても重要!間取り次第では、喧嘩が増える、不満が溜まるなど、同棲がうまくいかなくなってしまう可能性もあります。

そんな、同棲の悩みを解消するため、同棲経験者が教えるおすすめの間取りをご紹介していきます!近々、同棲をお考えのあなた、必見です!

1. 理想は2DK以上!最低でも1LDKは絶対条件!

同棲におすすめの間取り-1

ラブラブなカップルとはいえ、生活の時間帯が違うとなると最低でもリビング・ダイニング以外に1部屋は確保しておきましょう。理想としては、2部屋あると便利です。もちろん、お互い別々の部屋を設けるという形でもOKですが、それぞれ寝室、物置のように部屋を活用できます。

また同棲中、喧嘩や疲れなどでひとりになりたいと感じる時間が必ずやってくるはず。部屋数があれば、そんなときの気分転換の場所にもなりますよ。予算の都合でワンルームしか借りられない場合は立地条件を下げてでも、最低1部屋以上ある間取りをおすすめします。それこそが、快適な同棲生活を送る秘訣なのです!

2. リビング・ダイニングを隔てて1部屋があればすれ違いの生活も安心

同棲におすすめの間取り-2

部屋の配置としては、リビング・ダイニングに離れて部屋があるより、隣に隔ててある間取りがおすすめです。引き戸でつなげられるタイプであれば、友人が遊びに来たときにも広く使えます。引越しもそうそう出来ないので、気分転換に部屋のレイアウトを変えてみても楽しいでしょう。また、リビング・ダイニングを隔てて一部屋あれば、お互いの生活時間がすれ違っても温もりを感じられますよ。

3. カップルで住むならバス・トイレ別で不自由をなくそう!

同棲におすすめの間取り-3

バス・トイレの問題は、同棲カップルだけでなくてもこだわりたいところですよね。好みにもよりますが、同棲ならユニットバスは避けておきたい間取りのひとつ。なぜなら、トイレとお風呂の時間が重なる場合が多いからです。どちらかがお風呂に入っているときにトイレに行くことはできません。さらに、おフロの水が跳ねていたなんて喧嘩も起こるかもしれません。そうなると、様々な面で不自由を感じてしまうでしょう。お互いの住みづらさを解消するためにも、なるべくバス・トイレ別の間取りを探しましょう。

4. キッチンは離れよりもリビング・ダイニングで料理を楽しもう

同棲におすすめの間取り-4

マンションやアパートに多いのが、キッチンが離れている配置。キッチンの臭いや音が気にならないメリットもありますが、同棲にはデメリットもあります。たとえば、離れているゆえ、料理をしている方が孤独感を感じてしまいます。料理中の会話が減り、楽しみというよりも義務のような感覚になるかもしれません。また、キッチンが遠くなると料理をする気が失せる、片付けを手伝わないなどの不満の原因にもなってしまいます。キッチンがリビング・ダイニング内に配置され、コミュニケーションをとれるような間取りだと、料理も楽しくすることができますよ。

まとめ

同棲を成功させるには、間取りもとっても重要な要素!より、快適に楽しめる同棲を送るなら、二人の新居となる部屋をしっかりリサーチをしておきましょう。家賃や立地にとらわれて、条件を妥協してしまうのもおすすめできません。その妥協がきっと不満をうんでしまいますよ。同棲を楽しみたいなら、ぜひ”お得”よりも”快適な間取り”を選んでくださいね。

Twitter、Facebookでデート日和の人気記事をチェック!

■Twitter:@datebiyori
■Facebook:https://www.facebook.com/datebiyori


コメントは受け付けていません。

root_cate: 26
category_id: 81, parent_id:79->02_guide_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 80, parent_id:79->01_guide_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics

おすすめコンテンツ Recommend Contents