もう一生手放したくない♡彼に愛される究極の小悪魔テク


究極の小悪魔テク

付き合っている彼の愛情がイマイチ感じられないと、「いつか彼にフラれてしまうそうで怖い…」と不安感を抱いてしまう方もいるのではないでしょうか。大好きな彼には、ずっと自分のことを好きでいてもらいたいものですよね。

そこで今回は、そんな不安を感じている女性のために彼に愛される究極の小悪魔テクをいくつかご紹介しちゃいます。ぜひこれを参考に、彼から「もう一生手放したくない!」と思われるような女性になっちゃいましょう!

1. かわいいわがままで男心を翻弄せよ♡

究極の小悪魔テク1

わがままな女は男から嫌われると思って、彼にわがままを言えないと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、実は男性の中には女性のかわいいわがままが大好きな方も多いんです!

男性が「かわいいな!」と思えるわがままの条件は、自己中なわがままではないこと。例えば、「あのバッグ欲しいから買って!」というわがままが嫌われるのは、自分の都合しか考えていないからです。また、「いますぐ会いに来て!」なんていう無茶なお願いも、彼の都合を考えていないことから自己中なわがままだと思われるので男性ウケが悪くなってしまいます。

それに対してかわいいわがままは、相手の都合をきちんと考えたうえで言うわがままなので、男性も思わず「叶えてあげたい!」と思ってしまうもの。例えば、彼の予定を把握したうえで「○日会いたいなあ」というのもOKですし、デートのときに「ぎゅーして♡」とおねだりしてみるのも◎

こうしたわがままを言われると男性は彼女のことがかわいくてたまらなくなってしまうので、ついついお願いごとを聞いてあげたくなってしまうんです。また、わがままを言うことで「完璧に手に入っていない」と男性に思わせることができるので、彼の愛がマンネリ化してしまうこともありません。

2. 二人の時こそ甘え上手な女になれ♡

究極の小悪魔テク2

普段、友達を交えて彼と会ったり、職場など周りに人がいる環境の中で彼と会うことが多い方も中にはいますよね。そんな方は、周囲の人に見せる顔と彼の前だけで見せる顔にギャップを作ってみるのもおすすめです!

周りに人がいるときに彼と会うと、どうしても人目が気になってしまってクールな態度をとってしまうという方も多いと思います。しかし、そんなクールな態度は彼を虜にする武器にもなるんです!ポイントは周りに人がいるときとは一転して、彼と2人っきりで会うときは思いっきり甘えん坊になること。こうすれば、彼は「○○ちゃんのギャップってかわいすぎる!」と思ってくれ、あなたの意外な一面の虜になっていくはずです。また、あなたの意外な一面を自分しか知っていないということで特別感を抱くこともあります。こんな風に、彼に「自分だけは特別だ」と思わせることができれば、あなたの魅力にますますどっぷりハマっていっちゃうこと間違いなしですよ!

3. LINEやメールは相手が求めてきたときだけにしよう♡

究極の小悪魔テク3

彼が好きすぎる女性は、LINEやメールでこまめに連絡をとるようになりますよね。しかし、これって実は逆効果で男からしてみれば、要件がないのに送られてくるLINEやメールほど面倒くさいものはないんです。なので、本当に彼を夢中にさせたいのであれば、LINEやメールにこだわらない女性を目指しましょう。

極力自分から連絡しないようにすれば、彼の方が「○○ちゃんっていまなにしてるんだろう」と思うので、頭の中をあなた一色にすることができます。そして、彼からLINEやメールが送られてきたときは、ちゃんと返信をしてあげるのもポイント。このときに既読スルーや未読スルーをしてしまうと、男性は不安になりすぎて付き合っていくのに疲れてしまうことがあるんです。このように、LINEやメールは彼の方から送られてきたときだけこまめに返信すると、「掴めそうで掴めない」と男性の心を燃えさせることもできちゃいますよ。

まとめ

彼に好かれたいと思うと、ついつい彼の言うことをすべて聞いてしまったり、こまめに連絡をしてしまうこともあるかと思います。しかし、そんな時だからこそ、彼のペースに合わせずに自分らしいライフスタイルを送っていくことが大切。完璧に縛れない女になれば、彼も愛を与え続けてくれるはずなので、ぜひ彼との関係を不安に思っている方は試してみてくださいね!


古川 諭香 の紹介

はじめまして。 アラサーの猫好きおっさん女子です* 男っぽい性格だからこそ分かる男性心理や女だから分かる女性心理を分かりやすくまとめていきます。日本中の恋する男女が幸せになれますように!♡

コメントは受け付けていません。

root_cate: 26
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 80, parent_id:79->01_guide_toppage_latest_information
category_id: 39, parent_id:37->02_top_recommend_topics