同棲してもラブラブでいられる3つの幸せ習慣を一挙公開!


3つの幸せ習慣

カップルの中には大好きだからこそ、自分のパートナーと同棲をしたくなる方も多いと思います。しかし、いざ実際に同棲をしはじめると「こんなはずじゃなかった…」とモヤモヤしてしまうこと実は多いんです。

好きな相手だからこそ、同棲後もずっとラブラブでいるためにはいくつかのコツが必要になってきます。そこで今回は同棲してもラブラブでいられるコツを詳しくご説明いたしますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

1. 片方の負担が大きくなりすぎないようにしよう

3つの幸せ習慣-1

同棲を始めたばかりの頃は、お互いに思いやりの心を持っていられるものですよね。しかし、しばらく時が経つとついつい自分のことを優先しはじめるようになってしまうという方も多いのではないでしょうか。

女性の場合は、家事という慣れない仕事が重くのしかかってきますし、男性の場合は年齢を重ねるにつれて、どんどん仕事が忙しくなってきて家のことがおろそかになってしまうこともあるかと思います。そんな時にお互いが「相手に○○をやってほしい」と考えているだけでは、相手の負担をあおってしまうことになるのでNG。

本当に相手とこの先も幸せな同棲生活を続けていきたいのであれば、相手の気持ちに立ちながら妥協点を見つけることが大切です。こうすれば、どちらか一方が不満を溜めこんでしまう可能性もないので、2人の関係も円満に続いていくはずです。

2. スキンシップをサボらない

3つの幸せ習慣-2

同棲をすると、いつでも相手がすぐそばにいてくれるような感覚になってしまうので、ついついパートナーの大切さを見失ってしまうこともあります。例えば、同棲前はハグやキスなどのスキンシップをたくさんしていたのに、同棲した途端、そういったスキンシップをサボってしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、もしも自分のパートナーが「スキンシップをもっとしたい!」と思っていた場合は、あなたのサボりがちなスキンシップがストレスになってしまうこともあります。中には触れられないと「もう自分には興味がないのでは?」と思ったり、「魅力的に見えなくなってしまったのかも…」と悩んでしまう場合もあるので要注意。

また、スキンシップをサボってしまうとセックスレスに陥ってしまう危険性もあります。セックスレスは同棲カップルが別れを決意する原因にもなってしまうので、パートナーに触れる機会を多くするなどして事前に回避できるようにしましょうね。

3. 仲直りのルールを決めよう

3つの幸せ習慣-3

いくら好きな相手でも同棲という形をとると、相手が近くにいすぎてイライラしてしまうこともありますよね、中には、同棲前なら許せたことでも同棲後はストレスが溜まって、許せなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。そんな状況が続くと、思いもよらないことが原因で喧嘩になってしまうことも少なくありません。

だからこそ、同棲前には喧嘩してしまったときの仲直り法を話し合っておくことが大切です。例えば、どんなに喧嘩をしても必ず寝るときには腕枕をするといったルールでもOK。こうしたルールを事前に決めておくことで、スムーズに仲直りができるようになりますし、相手の優しさを感じることで「やっぱり自分は○○のことが好きなんだな」と再確認できるはずです。

まとめ

同棲中は思いもよらないことが喧嘩の原因になったり、ストレスになるもの。そんな経験をしてしまうと「同棲なんてしなければよかった…」と思ってしまうこともあるかと思います。

しかし、せっかく出会えた大好きな相手だからこそ、相手との関係を諦めてしまうのではなく、ラブラブでいられる方法を頑張って探してみませんか?現在、同棲中の彼や彼女との関係で悩んでいるかたは、ぜひこの記事を参考にして、自分たちらしい幸せ習慣を築いていってみてくださいね!


古川 諭香 の紹介

はじめまして。 アラサーの猫好きおっさん女子です* 男っぽい性格だからこそ分かる男性心理や女だから分かる女性心理を分かりやすくまとめていきます。日本中の恋する男女が幸せになれますように!♡

コメントは受け付けていません。

root_cate: 26
category_id: 81, parent_id:79->02_guide_toppage_recommend_contents
category_id: 41, parent_id:37->04_top_latest_information
category_id: 80, parent_id:79->01_guide_toppage_latest_information
category_id: 40, parent_id:37->03_top_hot_news

合わせて読みたい関連記事